失敗しない履歴書の書き方!成功の秘訣はここを見ろ!

きれいな手書きの文字であることが重要

就職活動をする際の第一関門として立ちはだかるのが履歴書です。履歴書が通らないことには次のステップに勧めませんので、非常に大切なものと言えるでしょう。では、人事の目に留まる履歴書とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
まずは、きれいな手書きの文字であることが重要です。パソコンが得意な方であれば、どうしてもデジタルで文字を打ってしまいがちですが、心を込めて記入した美しい文字というのは、人の心を打つものです。機械には出すことが出来ない微妙なニュアンスを伝えることが出来るのです。
お手本のようにきっちりとした美しい文字でなくても良いので、自分の最大限美しいと思える文字でとにかく丁寧に記すようにしましょう。修正ペンは使ってはいけません。

自分のエピソードを記す

続いて、人事の目に留まる履歴書の書き方として大切なのは、自分だけのエピソードを書くということです。相手に好印象を与えたくて、何度も考えているうちに誰でも書くことが出来そうな美辞麗句を記入してしまうことがよくあります。
しかし、それでは相手の心を打つことは出来ませんし、自分を知ってもらうために送付する履歴書であるにも関わらず、画一的な内容になってしまうのです。非常につまらない人だと思われてしまうことでしょう。そうならないためには、自分の物語を書くことが大切になってくるのです。アルバイトのことでも良いですし、留学や自分なりに頑張った勉強や趣味の話など、何でも良いので自分にしか書けない内容を履歴書に記すのです。