身だしなみが相手に伝える印象!面接は第一印象で7割決まる!

身だしなみは第一印象を決める重要な要素

就職活動における面接では、第一印象が非常に重要です。第一印象で、その人のイメージが作られ、それが後々ずっと残ってしまう事もあります。第一印象が悪いと、面接でも不利になってきますので、就職活動をしている方は最初の印象を出来る限り良くしていきましょう。
そして、第一印象を決めてくる重要な要素が身だしなみです。人の第一印象は特に見た目が重要です。元気のよい挨拶をして面接を行う部屋に入ったとしても、身だしなみがだらしなければ台無しになってしまいます。
元気な声で挨拶をすることは大切ですが、その他の部分が良くないと、全体的な印象も変わるので、印象を悪くしない為に見た目の身だしなみから入っていくと良いのです。

身だしなみは小さなところにも気を配ろう

また、就職活動における面接で、面接官に良い印象を与えたいなら、細かい身だしなみにも気を配っていきましょう。
爪を切ったり、靴のかかとがすり減っていないものを履いたり、耳垢を掃除したりと色々と身だしなみのポイントはあります。面接室に入る前に、企業で働く社員の人と話す機会もありますし、そこで細かい身だしなみが見られるケースも出てきます。
営業職なら不潔な人と思われてしまったら、それだけで面接を落とされる事も考えられますので、面接に向かうときには身だしなみには注意していきましょう。
体のサイズに合わないスーツを着ていたりしても評価は下がりますし、靴が汚れていたりするのも良くありません。きっちり採寸をしてもらったスーツを着て、靴磨きを行うだけでも見た目は格段によくなるものです。