面接で成功する写真の写り方!ポイントつかんで面接突破!

身だしなみやメイクには気を付けて

就職活動ではまず履歴書選考が行われる会社も増えてきました。
書類選考においては勿論のこと、面接を受ける際にも軽く見ることができないのが写真です。履歴書の写真は、評価が高くなる写りに撮りたいものです。
まずスーツ姿で撮影することは基本です。襟元やネクタイの乱れがないかを確認しましょう。
髪型はボサボサヘアや茶髪は控え、整髪すると共に、前髪の長さも要チェックです。目にかからないようにすることで、さわやかな印象に写ります。
女性の場合は口紅やアイカラーが濃すぎないようにして、ナチュラルメイクを心がけたいものです。しっかりした印象に見せたいなら、チークの色はオレンジ系にして鎖骨から斜め上にラインを引いてみましょう。

健康的な表情作りは写真の明るさもポイントに

履歴書の写真は、健康的で明るい雰囲気であることが理想的です。
暗くて元気がない写真写りでは、採用側に仕事に対するやる気を感じてもらいにくいでしょう。
明るい雰囲気の写りにするためには、女性の場合は健康に見えるカラーの口紅やチークを活用するのもひとつの方法です。特に色白の人は顔色が悪く写りがちなので、明るいベージュピンクの口紅やチークを使ってみましょう。
写真店などでプロに証明写真を撮ってもらうと安心ですが、自宅で撮影するのであれば明るい部屋で白い壁をバックに撮影します。バックが暗い色の壁である場合、顔映りも暗くなりがちなので注意が必要です。
また写真を撮る際は緊張しすぎず、リラックスして胸を張りましょう。